宮崎 浮気調査

不貞行為についての調査をプロの探偵に任せると決めたなら、2か所以上の業者に見積もりの提出をお願いする「相見積」ということで何軒かの事務所に同じ内容で見積書を要請してそれぞれ照らし合わせて検討することが妥当です。

 

不貞行為としての不倫とは、夫や妻がいるにもかかわらず妻または夫以外の異性と男女として交際し性交渉を伴う関係に至ることです。(独身の男性または女性が既婚の男性または女性と恋人同士の関係になり性交渉を伴う関係に至ったケースも入る)。

 

裁判の時に、証拠として使えないと切り捨てられたら調査費用をどぶに捨てたことになるので、「裁判で勝てる調査報告書」を完璧に作れる確かな実力を持つ業者を選択することが肝心です。

 

浮気調査を依頼するのは、浮気をやめさせて壊れかけた仲を回復させるためであるとかその相手に向けて損害賠償等の請求をする目的や、離婚に向けての話し合いを優勢となるようにやっていくためという事例が殆どです。

 

業者ごとに差がありますが、浮気についての調査料金を計算する方法として、1日に3時間〜5時間の探偵業務遂行、探偵の人数が2〜3人、結構な難易度が想定される案件でも最大4名程度にするような低料金のパック制を設定しているところが多いです。